【アイナナ】ラビットノートと特訓ってどう違うの?【アイドリッ…

新規実装されたラビットノート、みなさんは挑戦してます?
今回は、どう使えばいいのか分かりにくいラビットノートを特訓と比較して考えてみましょう!

ラビットノートで出来ること

①ステータスボーナス

各マスの開放条件(必要アイテム数)を満たすとステータスボーナスが獲得できます。
※ステータスボーナスはライブ時にボーナスとして反映されます。

②アイテム入手(第1部)

一部のルートを最終マスまで開放すると各キャラ専用のホーム背景を獲得できます。
※2部以降は今後追加予定

特訓とラビットノート

今までメンバーを強化するには「特訓」で個別のメンバーを強化していた訳ですが、ラビットノートの場合はキャラクター固有の強化になります。

特訓との比較に入る前にラビットノートの開放条件について確認してみましょう。

ラビットノートで押さえておきたいポイント

①ルートは上段、中段、下段の3ルート

②アイテム入手がメインなら下段の開放のみで入手可能(2部以降の入手は中段の開放も必要)

③最終ステップ前まではステラストーン開放できるが最終ステップは解放できない。
※ステラストーン開放/1マスにつき10個

④メンバーによりアイテムは違うが各マスの開放に必要なアイテムのグレードと合計数は同じ。

上記のようにステラストーンで強制的に開放できるマスも多いのでアイテムの入手難易度によってはステラストーンの所持数と相談しながら開放していくのがベストです。

いや、ベストというか調べ直してて改めて感じたんですが…

ノートを全開放する場合に必要なアイテム数

たとえば和泉一織のラビットノート第1部を全開放する場合に必要なアイテム数をまとめてみると…

・シャウトソウル
☆×35 ☆☆×15 ☆☆☆×22

・メロディーソウル
☆×20 ☆☆×10 ☆☆☆×5

・ビートソウル
☆×45 ☆☆×20 ☆☆☆×10

・ダブルフラット
☆×33 ☆☆×23 ☆☆☆×20

・ヘッドフォン×5 練習ジャージ×5
・トレーニングシューズ×5 楽譜×6
・SP×110

これだけのアイテムが必要になります。
そして全開放した場合の報酬は

シャウト+12 ビート+12 メロディー+22
・専用ホーム背景×1
※上記は和泉一織の場合の数値です
※メンバーによりアイテムは違うが各マスの解放に必要なアイテムのグレードと合計数は同じ。

、、、?
いやコレ消費アイテム量多くない?(;’∀’)

そこで「特訓」のアイテム消費量を確認してみると

SSRの「特訓」の場合…

・共通アイテム
☆×9 ☆☆×5 ☆☆☆×1

・個別アイテム
☆×5 ☆☆×3 ☆☆☆×2

上記アイテム数で、特定のステが+200されます。

ラビットノートの必要アイテム数に比べて、アイテムが集めやすいのは確実ですね。

強化する場合は「特訓」→「ラビットノート」の順番で!

簡単にまとめると…
個別のステータス強化が「特訓」そして、ステータスボーナスを獲得するのが「ラビットノート」アイテムの使用量から考えると先に「特訓」を完了させて次の段階として「ラビットノート」を進める・・・というスタイルが1番効率的ですね。

特訓を極めて強化手段がなくなってる方!ぜひラビットノートの開放に挑戦してみてはいかがですか?







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

インフォメーション

当サイトは
バンダイナムコオンラインの配信スマホゲーム、アイドリッシュセブンの攻略まとめ情報など、プレイヤーを助ける情報から、おもしろ情報ネタまで、幅広く発信するサイトです。
掲載画像や、掲載情報等に問題がある場合は、ご連絡ください。


TWITTER

ブログランキング・にほんブログ村へ